壮大なスケールの砂漠

観光地の名前:鳥取砂丘(鳥取県)
行った人:ELLEさん(36歳)

数年前に家族4人で、私の結婚前の最後の家族旅行と題して、車で日本の各地をめぐる大きな旅行をしました。
鳥取の砂丘は以前から興味があり、一度訪れてみたかった場所でもあったので楽しみにしていました。
車利用ですと、鳥取自動車道の鳥取インターから大体20分位です。

正直、月の砂漠の少し大きい版程度に思っていました。
テレビなどで取り上げられていたのは見ていたのですが、本物のを見るのは初めてだったので期待半分、不安半分といった気持ちで行って来ました。
実際、本物を目の前にしてその壮大さにびっくり!!
日本にこんな場所があったのか!と思う程、私の想像をはるかに超えた砂丘がそこに広がっていました。
とにかくスケールが大きい。
当日は天候もよく、青空と金色の砂浜とのコントラストが本当に美しく、日本ではないような景色です。
砂丘自体はとても大きいので、なかなか距離もあり、登るのは大変ですが、登りきった先に見える日本海がまたすばらしい景色です。
とても感動したのを覚えています。

さえぎるものが何もないせいか、風は結構強いので女性はパンツで行かれたほうが良いかと思います。
夏は日差しも強いので羽織るものや、日焼け止め、熱中症の対策は万全で臨んで下さい。
また、スニーカーは必須です。足をとられますし、何より歩いていて砂がバンバン入ってくるので。
らくだに乗ったりも出来るようですが、とにかく歩いて欲しいです。
足をとられながらなのでなかなか大変ですが、頑張って砂丘を登りきると本当に美しい景色を見ることが出来ます。

パラグライダーやサンドボードなどといったアクティビティーもあるようですが、私が行ったときはあまりされている方を見かけませんでした。
とにかく皆さんひたすら歩いて砂丘を登り切ったところで写真を撮っている方が多かったと思います。

お土産やお食事も出来る場所が、通りを挟んですぐ前にありますが、(砂丘会館)お土産はらっきょうが有名みたいです。
是非一度訪れてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ