ノスタルジックな町

観光地の名前:銀山温泉(山形県)
行った人:モモひめさん(37歳)

昨年の9月に母と山形県を旅行しました。
以前、写真で見た銀山温泉の景色が忘れられず、どうしても行ってみたくて、どうせなら宿泊してみようと思い、2泊旅行に一泊を銀山温泉にしました。
とにかく町並みが素晴らしいの一言ですが、全ての家が漆喰の壁に鏝絵が施されていて、それらを見てまわるのも楽しいです。
割とこじんまりとした景観地区なので、停まらなくても楽しめますが、夜、ガス灯が灯された景色は、まるで映画の中のようで、これは宿泊しないと見れない景色だと思いました。
9月とは言え、日中でも肌寒いくらいでしたが、足湯もあり、お土産ものやさんも点在していて、町歩きには本当に良いところで、日頃の疲れを忘れ、癒されました。
宮崎駿さんの千と千尋の神隠しのモデルとも言われている温泉宿もあるので、宮崎駿さんのファンの方には特にオススメしたいスポットです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ